So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

9チェスキークルムロフ♪ [オーストリア・ドイツ ドライブ2016年夏旅録]

2016年の夏旅のスケジュールをここでまとめておきます。
7月末から8月初旬にかけての7泊9日、50代(後半)[あせあせ(飛び散る汗)]夫婦のドライブ旅です。


[足]
①7/29 [飛行機]羽田(ANA) [→] ミュンヘン空港(ドイツ) 【ミュンヘン郊外泊】
②7/30 [車(セダン)]ハルシュタット ゴーザウ湖 (オーストリア) 【ゴーザウ泊
③7/31      〃                     〃
④8/1       〃                     〃
⑤8/2 [車(セダン)]チェスキークルムロフ(チェコ)[→] レーゲンスブルグ(ドイツ)【レーゲンスブルグ泊
⑥8/3 [車(セダン)]バンベルグ(ドイツ) 【ベンベルグ泊】 
⑦8/4 [車(セダン)]ローテンブルグ(ドイツ) 【ローテンブルグ泊
⑧8/5 [車(セダン)]ヴュルツブルク [→] フランクフルト空港[飛行機](LH) [→]仁川経由 成田(+1    8/6)



2016年8月1日
朝8時半頃、3泊したゴーザウに別れを告げて次に向かったのはチェコチェスキークルムロフ!





最初の計画ではゴーザウは2泊で、ここチェスキークルムロフで1泊という予定だった。
それが、天候の心配からハイキングを中心に考えていたゴーザウを1泊追加し、チェスキークルムロフを諦めてドイツ・レーゲンスブルグへ真っ直ぐに行くということで私なりに計画をしていたのだったが、、

夫がチェスキークルムロフを経由してもこの日の宿であるレーゲンスブルグまで5~600kmだったら大丈夫だよというので、私がかねてから行ってみたいと思っていたチェスキーへ立ち寄ることにしたのだった。ここが夫の腕の見せ所である笑
夫はかつて1日でデュッセルドルフからフランスのモンサンミッシェルまで(800キロ)運転したり、またはデュッセルからグリンデルワルトまで(700キロ)などなどなど・・、運転をしているので5~600キロは許容の範囲だと。う~ん、でもそれから10年近く経っているし確実に年をとって体力落ちていると思うんだけどね。。それに何より限られた短い休暇で来ているのだから長い運転をさせてしまうのはなぁ・・とも思っていた。

でも
まぁまぁ、そんな時は夫婦ふたり気ままなドライブ旅なので途中休憩も自由、急な変更もアリなのであせらず参ることにしましょう。

ドライブはオーストリアのザルツカンマーグートを抜けて第3の都市リンツをすっ飛ばしてとっても順調。もうすぐチェコとの国境というところでトイレ休憩。オーストリアの高速道路のサービスエリア。(写真がボケボケ)
2.jpg

チェコとの国境を越えると、心なしか道路も古い感じがする。国境というと様々な歴史を思い浮かべるけどこの時もEUは難民の受け入れなどでかなり揺れていた時だったわね。
4.jpg

チェコに入ってまもなくの車窓。
3.jpg


レンタカー備え付けのナビが道案内で順調にチェスキークルムロフに到着。時間は12時半で休憩を含めてゴーザウから4時間だった。
この街に入ったとたん車が多く、どこのパーキングも満車。やはり世界遺産の人気の観光地だわー。
すぐに入れるパーキングはなくて、空きを待つ車の列に並んで2~30分はかかったと思う。ちょうどお昼の時間帯だったしね。


5.jpg

チェスキークルムロフは大きく屈曲して流れるヴルタヴァ川に抱かれて中世の面影を残す小さな街。
1~2時間もあればざっと見て回れるくらい。
9.jpg

14.jpg

旧市街に入ると、石畳の道を歩いて町散策をした。
カラフルな街並み、可愛いわね~

13.jpg

調べてみると、16世紀にルネサンス様式の建物が数多く建築され、町は色彩鮮やかな華麗な街へと発展した。その後支配が移り変わるうち次第に寂れ、近代化から取り残されいく。

19.jpg

戦後、チェスキー・クルムロフはまだまだ荒廃状態だったそう。ようやく歴史的建造物が徐々に補修されるようになったのは、プラハの春が訪れた1960年代後半以降のこと。

8.jpg

1989年のビロード革命(←Wikipediaへ)以降、町の景観の歴史的価値が再認識され、建造物の修復が急速に進められ、町はかつての美しさを取り戻した。
(rinoもこのビロード革命の頃ちょうどお隣の国、東ベルリンに住んでいたのでこの話はその頃へと思いを馳せる。)
               


現在は可愛いお土産屋さんが軒を連ねて。
15.jpg

あまり人が映り込まないタイミングを見計らって写真を撮る。

11.jpg

お土産を物色する時間はなかったけどね。

12.jpg

1992年にはユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。
赤い屋根が続く街って本当に素敵。なんかいいのよね。
18.jpg

旧市街の中心の広場。
16.jpg

この広場の一角にあったレストランに入って昼食タイム。
17.jpg

チェコの名物のローストポークと付け合わせのクネドリーキ(チェコのなくてはならない主食)。
51.jpg52.jpg

基本のクネドリーキは小麦粉、卵、牛乳、水をこねた生地を茹でたもの。 こちらは、きのこのリゾット。
53.jpg54.jpg

チェスキークルムロフは1992年に世界遺産に登録されると、急速に中世の街並みに修復され観光地化されていったそう。この街もかつて歴史の光と影に翻弄され、今は立派に世界で一番美しい街として世界中から観光客が押し寄せる街に発展したのだ。

我々はたった2時間ほどの滞在だったが、それでも十分だったような気がする。
中世の雰囲気がただようとても可愛らしい街並みだったが、、正直rinoは、さながらテーマパークのような雰囲気を感じ取ってしまったのも事実。そうか、、やっぱりここも・・。


2015年の9月に娘とプラハに訪れたときには、日帰りで行こうかと思っていて断念したチェスキークルムロフだった。(プラハから格安のローカルバスが出ていてその予約までしていたけれど、タイトな旅程だったゆえ往復6時間のバスの道のりを考えて、諦めてしまった・・・プラハ旅行の記事もいつかできたらいいなぁ。)
チェスキークルムロフが有名になり、美しい街の写真を目にするようになって「行ってみたいな。」とずっと思っていたのだった。


2015年プラハで食べたのと同じトルデルニーク♪ ここでもお店が数軒。これ美味しかったよね。
58.jpg59.jpg

この20年で世界中の観光客の数は2倍以上になった。
30年前、いや20年前にでもここを訪れていたらきっときっともっと趣を感じられたことだと思う。
ハルシュタットに続き、チェスキークルムロフ・・観光地化された世界遺産の街。
特にアジア人には大人気だ。


今回の旅で、訪問が実現できてよかった。 

ドライバーである夫には感謝だわね♪

世界遺産の街旅はまだまだ続く・・・







nice!(9)  コメント(3) 

8ゴーザウにもう1泊 [オーストリア・ドイツ ドライブ2016年夏旅録]

ただ今、2017年5月。気持ちの良いゴールデンウイーク♪♪
2016年夏旅のブログがなかなか進まない中、もう次の夏旅も2か月後に迫ってきて。。(7月予定で準備中♪)
次の旅行までにはこの旅ブログ2016をなんとか終わらせたいと。。ととと、、できるかなぁ~
まぁ、がんばってみましょう。


2016年8月初旬 旅4日目

ゴーザウ2泊目の朝。
朝起きると、「ガストホフ ゴーザウゼー」宿の部屋からは額縁の絵のように窓越しにこんな風景が見えて、今日の朝のお天気はだいぶいいようだ。
2.jpg
 
バルコニーから見えるゴーザウカム連峰にも朝日が当たって。
4.jpg

ゴーザウ湖が鏡のようになって映る逆さダッハシュタイン。本当に素敵な景色だったわね~~
6.jpg


実はこの旅の出発直前、ハルシュタット方面の天気を調べていたところ、どうやらあまり天気が良く無い感じだったのでゴーザウをもう1泊延ばし、お天気の回復を待ってこの辺りをもう少し散策する予定に変更をしていた。しかし前回の記事で書いたように、前日なんとかお天気も回復して後ゴーザウ湖(奥ゴーザウ湖)までハイキングもしたし、楽しむことができたので、1泊延ばしたもののこの日はあまりすることもなかった。

旅ってずいぶん前から行先やルート、宿を決めておくのだけど、本当にお天気だけはどうにもならないわね。お天気はいいに越したことはない。できる行動も、その場所の印象も違ってくるし。

うーん、でもその日その場所のいろいろな表情、ハプニングをそのまま思い出に残す、、それも旅の醍醐味かしらね。


さてさて、
ゴーザウにもう一泊となり、どこに行こうかと考えたところ、その翌日の移動行程がかなり長くなることを考慮してあまり遠出をしないことにした。
もう一度お隣のハルシュタットを散策したり(2日目に訪れたときには雨に降られてあまり歩けなかったので)

7.jpg

8.jpg

9.jpg

10.jpg

11.jpg

12.jpg

13.jpg

この2日前に立ち寄ったハルシュタットのヘリテージホテルの1階レストランのテラスでまた休憩。ここで無料Wi-Fi繋いで家族とLineで連絡とったり。
37.jpg32.jpg


午後はもう一度ツビーゼルアルムに上って少し遠くまでハイキングをしたりした。
17.jpg
16.jpg

ゾンネンアルム小屋でお茶タイム。この牛さんのミルクピッチャーがスイスっぽいね。(いや、ここはオーストリア♪)
17.jpg


ゴーザウの村からゴーザウ湖に向かう道はのどかな雰囲気の田舎道なのだが、
21.jpg


その車中右手に可愛らしい村の小さな教会が2ついや3つある、のが夫も私もとても気になっていた。
16.jpg

観光客も村人もだれも来ないようなところだけど、夫婦気まま旅はこんな寄り道ができるのが楽しい♪ ちょっとそこまで行ってみましょ。

22.jpg23.jpg
24.jpg26.jpg
27.jpg28.jpg


ゴーザウもう1泊は別の宿。ゴーザウ湖に行くちょっと手前にある「ガストホフ ゴーザウシュミット」。
12.jpg

窓の外には緑が広がるこんな食堂が併設。
27.jpg

この日は夕食付の予約にしていた。
31.jpg30.jpg

このスープは美味しかったけれど、量が多くてrinoはこれだけでお腹がいっぱいになってしまった。
18.jpg19.jpg


夫とメインは別のものを頼んで。 
食事の量は本当に多くて、デザートのカイザーシュマーレンはほとんど食べられなかった。
20.jpg21.jpg


翌朝のゴーザウシュミットの朝食♪
34.jpg33.jpg

35.jpg36.jpg


家族経営の宿「ガストホフ ゴーザウシュミット」はこんな可愛らしい看板お孫さんがとってもかわいかった♪  (追記:ガストホフ ゴーザウシュミット ダブルルーム 1泊2食付き €124)


20.jpg





nice!(4)  コメント(2) 

7前ゴーザウ湖から 後ゴーザウ湖へ歩く♪ [オーストリア・ドイツ ドライブ2016年夏旅録]

2016年8月上旬 旅3日目午後

朝1周したゴーザウ湖は、前ゴーザウ湖(1周5キロ)と言われていて、
1.jpg

この前ゴーザウ湖を抜けて奥の森をさらにさらに上がっていくと、後ゴーザウ湖というのがあるらしい。上の写真の湖(前ゴーザウ)の奥に入っていく。

ツヴィーゼルアルムからまたゴーザウカムバーンで降りてきて時間はまだ15時半ぐらいだった。

少しずつ回復しそうな予感がするお天気に嬉しくなり、またここは他に行くところもないので、その秘境とも言われる後ゴーザウ湖まで行ってみようということになった。

朝歩いた湖畔の道を奥へ進んでいく。
対岸まで来ると奥へ行く道案内としてこんな看板があるのを夫は朝の時点で見逃していなかったのだ。(このビールのロゴに心惹かれていたんだとすぐにわかったけど笑)ここまでで約2.5キロ。
20.jpg

とにかく行った先には何かありそう。まぁ行けるところまでいってみましょう。
8.jpg

この時は開いていなかったけど、立派な山小屋があった。
2.jpg

この広大な自然の中、ほとんど誰にも会わない。
10.jpg

森林浴♪
18.jpg
時々小さな滝があったり池があったり、ただただ森の中の道を進んでいく。ゆるやかな上り坂だ。
一組のファミリーが下りてきた。小さな男の子もいたから子供でも行けるのかな、とちょっと安心。

でも、行けども行けども森の中。本当にこの先に湖が、山小屋があるのだろうか。さすがに疲れて、そろそろ引き返そうか。。。。と思っていると、先ほどからもう一組、後ゴーザウ湖を目指して歩いている同じ年代くらいのご夫婦がいて、我々夫婦といい勝負をしていた。
途中写真を撮ったりしているうちに、追い越されたり追い越したり。そんなことでお互い「まだですかね~?」みたいに声を掛け合ったり。聞くとドイツ人の夫婦であった。
夫に「どうする?まだ行く?」と聞くと、夫は「やぁ、あっちの夫婦もやめないんだから負けられないよ笑」と。


2時間~2時間半ほど歩いてやっとのことで、後ゴーザウ湖に辿り着いた!前ゴーザウ湖より少し小さいが、木々に囲まれた自然のままの綺麗な湖だった。この時は雲がかかっていたが氷河を抱くダッハシュタインがより近くに見える。
見ると、山小屋は湖の対岸に小さく見えていた。え~~!まだあんなに向こうなの!
もうすっかりrinoはバテていた。
3.jpg

アップにすると、、対岸に見える白い二つの建物がどうやら山小屋らしい。
行くしかない。トイレが近いrinoは、そこでトイレも借りたいのだ[あせあせ(飛び散る汗)]
7.jpg

途中、牛さんたちの放牧。
4.jpg

山小屋だ~  先客は数名のハイカー達だ。
21.jpg
22.jpg
24.jpg
25.jpg

山小屋は営業中♪ 夫はコーヒー(ビールじゃないんだ。まぁ帰り道がまだ長いからね。)、私はコーラを飲んで小休止。
23.jpg

時間は6時を過ぎていたかもしれない。
夕刻に近づくにつれて少しづつ少しづつお天気は回復していった。
小休止をした我々は、帰り道の方が自信をもってどんどん歩いた。迷いなく帰るだけだからね。

夏のヨーロッパ、夕刻はゆっくりゆっくりやってくる。夕刻の近づく頃、空は刻刻と変わる。

13.jpg

14.jpg

午後7時を過ぎて急に青空が広がったり。   そして、また雲が出たり。

15.jpg

この日、旅3日目は朝から合わせて 前ゴーザウ湖を2周、ツビーゼルアルム、後ゴーザウ湖往復で合計約20キロくらいを歩いたことになった。まぁ、だいたいの距離ですが。
一日歩いてちょっとした達成感! 後ゴーザウまで行けてよかった♪


16.jpg


rinoは
アルプスの山々に映るこの夕暮れの優しい光と色が見たくて、ここに来たのかもしれないとつくづく思うのであった。  疲れも足の痛みも吹き飛ぶわ♪

17.jpg



nice!(12)  コメント(4) 

6 ゴーザウカムバーン Gosaukammbahn [オーストリア・ドイツ ドライブ2016年夏旅録]

2016年8月上旬 旅3日目午後

お昼の腹ごしらえとしてボロネーゼを食べたあと(どうしても麺好きのrinoである[あせあせ(飛び散る汗)]
ここで美味しいパスタを食べようなどとは思っていないから、気にも留めていないのだが記録のため 笑。

午後一でホテルの裏手から出ているロープーウエイ(ゴーザウカムバーン)Gosaukammbahnに乗ってツヴィーゼルアルムへ上がることにした。乗っている時間は10分程度だったかな。

翌日に撮った写真だけど、これがゴーザウカムバーン。
8.jpg

ゴンドラの窓には雨粒が。昼過ぎはまだまだこんなお天気だったのよね。
2.jpg

午前中に1週したゴーザウ湖がきれいに見えてくる。
3.jpg

ゴーザウカムバーンの山頂駅から15分ぐらい歩いたところにある、ガブロンツァーヒュッテ(Gablonzer Huette)1550m。
5.jpg

牛さん達がのんびりと。
6.jpg

可愛い花達に出会うと写真撮りたくなるよね。花の写真はスマホ撮り。
10.jpg 11.jpg

12.jpg 13.jpg

14.jpg 15.jpg

大きなカタツムリだ! カタツムリを見たの本当に何年振りかしら。
16.jpg 17.jpg

18.jpg


しばらくアルムの風景を楽しみつつハイキング。右手に迫るのはゴーザウカム連峰。
7.jpg

ズームアップするとダッハシュタインの氷河がこんなに見え始めた。
19.jpg


お天気がまだスッキリしなかったのでアルムのハイキングはあまり遠出をせず、行きと同じゴーザウカムバーンで下に降りてきた。

その後、奥ゴーザウへ向かう!!


nice!(8)  コメント(2) 

5 ゴーザウ湖を一周♪ [オーストリア・ドイツ ドライブ2016年夏旅録]

2016年8月上旬 旅3日目


1.jpg

ゴーザウ湖のホテルで朝食を食べた後、まだ雲が垂れ込めた湖畔の山々を眺めながら
とりあえず1周5キロのゴーザウ湖を散歩することにした。

2.jpg

お天気も今ひとつとなるとそれは残念だけれど、ゆっくりと朝の空気に浸りながらこの壮大なゴーザウカムを臨みながら、誰もいない湖の散歩は贅沢極まりないことよね。。

湖面が鏡のようになって映る緑の色合いが表現できない程美しい色だった。私の撮った写真では伝えられないのが残念。
3.jpg


まだまだこんなに雲が垂れ込めて。でも幻想的な感じ。
4.jpg

時折可愛い花々とも遭遇。

5.jpg
6.jpg
11.jpg

ここに白馬が表れて、、、なんて東山魁夷の絵画みたいね(笑)
7.jpg

可愛いカモさんの親子!10羽の子供たち。 気持ちよさそう。
8.jpg

9.jpg

朝のゴーザウ湖を歩く50代日本人(笑)
10.jpg


出発地点の泊まっている山小屋ホテルの反対側に来た。これで半分。
12.jpg

ズームアップしてみると。泊まっている「ガストホフ ゴーザウゼー」

13.jpg

帰りは、左側にゴーザウカム連峰が聳え立つ。
14.jpg

出発点のホテルに戻って来た。ゴーザウ湖1週5キロの散歩は、ゆっくりゆっくりウォーミングアップだった。
15.jpg

その後、山小屋ホテルのレストランで軽く昼食をとって。このボロネーゼはむか~~しドイツで食べた美味しくない[あせあせ(飛び散る汗)]スパゲティーと同じ。ここ1軒しかないお食事処だからね。。。
16.jpg


部屋に戻って休憩。向こう側は雲が取れて、窓からダッハシュタインの氷河が見えてきた。

18.jpg


nice!(5)  コメント(3) 

4 ゴーザウ湖へ Gosausee  [オーストリア・ドイツ ドライブ2016年夏旅録]

2016年8月

実を言うと
ちょっとがっかりだったハルシュタットを後にし、、、

峠をもう一つ越えたゴーザウへ向かった。

お天気はまだ今一つだったのだけど、次に向かう景色に期待して。






ゴーザウ湖ザルツカンマーグートの一番奥に位置する小さな湖。背後には氷河を抱くダッハシュタイン連峰が迫る。ポストバスの終点でもあるゴーザウ湖にはホテルが湖畔に1軒あるだけ。


夫が運転するレンタカーで到着した場所は本当にそこが一般の車はここで行き止まりになっていて、車を降りたら、その1軒あるだけのホテルとその向こうに山々に囲まれたゴーザウ湖があるだけなのだ。もうそこはオーストリアアルプスの突き当り。

3.jpg

夕方到着したホテルの部屋。エキストラベッドが備えられている部屋だった。
1.jpg


窓からはゴーザウ湖の眺め。。 生憎の天気である。。。
2.jpg

1軒しがないこの山小屋ホテルのレストランでゆっくり食事♪
ここはこのホテル以外お店もレストランもないので、何処で何を食べようかとか考えることもない。
こういうのも家でゆっくりしているような感覚でなかなかいいものなのだ。
お味がどうとか言うよりも、食べたらすぐ部屋にもどれる気軽さは旅の疲れた身体には快適なのだ。

1.jpg3.jpg
                        このお魚はなかなか美味しかった♪

2.jpg9.jpg

翌日のお天気はどうかしら・・・



翌朝のホテルでの朝食♪

6.jpg5.jpg
                        半熟とろとろ卵はスプーンですくって。

7.jpg8.jpg



家族経営の「ガストホフ ゴウザウゼー」「Gasthof Gosausee」
rino家の部屋は一番上の階。



7.jpg
nice!(8)  コメント(2) 

3 ハルシュタット Hallstatt [オーストリア・ドイツ ドライブ2016年夏旅録]

2016年8月

ミュンヘン空港の近くの宿を8時半頃レンタカーで出発。

この旅の目的の一つに掲げていた「ハルシュタット」へ。
世界遺産の街
ハルシュタット湖に姿を映す絵のように美しい町。
夫も私も何度となくカレンダーになるこの町の写真を見て、いつか行ってみたいと思っていた。


世界遺産の街ハルシュタットの8月は観光客がいっぱいで少し離れた駐車場に車を置いて歩き出す。
ハルシュタットの中心部へは車では入れないほどの小さな町なので十分徒歩で周れる。
17.jpg



ザルツカンマーグート方面へは、子供が小学生低学年のころ、イランからのリフレッシュ休暇中、ザルツブルグから出発する「サウンドミュージック映画のロケ地を巡る日帰りバスツアー」に参加したことがあった。当時子供、特に娘が映画サウンドオブミュージックが大好きだったのだ。(イラン時代そのビデオがあって、他に見るものがないからそればかり繰り返しみていたので。)

ハルシュタット湖だ♪  お天気が曇りで残念[バッド(下向き矢印)]
2.jpg



ハルシュタットはそのザルツカンマーグート地方の奥にある南北に細長いハルシュタット湖のほとりにある小さな集落。

湖に沿って道が続く。 この日はちょっと肌寒かったけど、若い子たちは短パンよね。
3.jpg


湖の周りはすぐ山になっていて、こんな風に家が張り付いている。
4.jpg

紀元前1000年~500年頃、ハルシュタットの裏山に眠っていた豊富な岩塩を求めて移住してきたと言われるケルト民族によって文化が残されたという。
5.jpg


振り返ると7.jpg

ここが町の中心部のマルクト広場。噴水があって周りにホテルやレストランやお店がある。
8.jpg


黄色いテントのテラス席が見えているのが、「ヘリテージホテル」。無料Wi-Fiあり。
前が開けていて、ハルシュタット湖を眺められるのでここでお昼に。そしてスマホを繋いでネット通信。
9.jpg

13.jpg

s.jpga.jpg
上のメニューを見て、スライスしたパンケーキが添えられるのかと思ったけど、スライスしたパンケーキがブイヨンスープの中に入っていた。右は鶏胸肉のソテーが乗ったサラダ。


お昼を食べている間に、こんな雨になってしまって、ちょっと雨宿り休憩。
16.jpg



そしてすぐに雨も上がり、定番のスポットへ。
ここが有名な撮影スポット。 ハルシュタットの美しい風景。湖と家々のコントラスト!
10.jpg


素敵な風景・・・・
11.jpg

だけれど、rinoはちょっと期待しすぎで。。

お天気がイマイチだったのと、観光客が多いのが、ちょっとね。。
こればかりはどうしようもないわね(笑)

nice!(9)  コメント(2) 

青空の土曜日 トラットリアランチ♪ [スマホから  ひとりごと]

久しぶりに気持ちの良い青空の土曜日。
白金高輪にあるトラットリア セレーナでランチ♪

IMG_4277.JPG
田町駅からゆっくり歩く。向こうに東京タワー♪
お店の名前「セレーナ」は、「晴れた空」の意味だそう。この日のランチにぴったりね。。

IMG_4278.JPG
IMG_4279.JPG
IMG_4280.JPG
IMG_4281.JPG
お料理はこんな感じで、とてもボリュームがあり美味しかったです。
パスタは選択できて、私は大好きなペンネをチョイス(o^^o)

この日は意外にちゃんと料理のカメラ撮影を忘れなかったわね。。

5年ぶりに会った息子のママ友の皆さん。

お互い「変わらないわね〜」と。

よくあるオバサンのご挨拶です…



nice!(7) 

雨の土曜日 カフェランチ♪ [スマホから  ひとりごと]

cinq cafe

甘くて、芳ばしい香りに誘われて

「ここがカフェだったんだ。」

IMG_4258.JPG
雨が見えるテーブルで。

IMG_4252.JPG
IMG_4250.JPG
きゅうり、ハム、パセリ、マーマレードのサンドイッチは、新しい驚きの美味しさ。

IMG_4254.JPG
IMG_4253.JPG
次はケーキを頂きに来よう!

IMG_4251.JPG

いい感じの空間♪

IMG_4248.JPGIMG_4249.JPG

いい感じの時間♪

IMG_4256.JPG


nice!(11) 

2 宿の朝食 [オーストリア・ドイツ ドライブ2016年夏旅録]

2016年7月31日

ミュンヘン郊外ハルベルクモースのこのホテルに予約をしようと決めたのは、もちろん空港のすぐ近くっていうのが第一の理由だけれど、予約サイトのこのホテルの写真を見て朝食が充実してそうだったから。

この小さな町のレストランのガーデン席は前日の夜も満席に近い盛況ぶり。
これは、到着日の夜8時頃。
4.jpg

もしかして、この町にはここぐらいしかレストランがないからか?もしれないが。
5.jpg

無事に車を動かせて、、お疲れさまのビール。
6.jpg




さて、朝食はレストラン屋内で。 何やら廊下にはお店の写真やら。。
11.jpg


ドイツらしい木の温もりのある店内。朝7時半。 一番乗りだった!
12.jpg


私たちはこのテーブルで朝食にしましょう。
13.jpg



ドイツのパン、ハム、チーズ、懐かしいね。なんだかこれだけで嬉しくなる♪
14.jpg

15.jpg

ドイツのハムに興味があるカールさんのために♪  アップの写真。
16.jpg

17.jpg

向こう側には卵料理も充実。
18.jpg


19.jpg


ミュンヘンならでは。白ソーセージだ!
20.jpg21.jpg



パンもハムもチーズも何もかも美味しそうでついつい朝から食べ過ぎてしまう[あせあせ(飛び散る汗)]



旅の宿泊ホテルを調べるのは近年rinoの担当になりつつある。

もう10年近く Booking.com のサイトを便利に利用している。地図くびっぴきでアレコレ考えるのは旅の楽しい準備でもあるのだ。


前記事のめぎさんのコメントにもあるように、今のネットが当たり前の時代「zimmer frei」の看板を見て宿を探す人なんていませんよねぇ。。ほんとに旅は楽になりました。



nice!(8)  コメント(4) 
前の10件 | -
メッセージを送る