So-net無料ブログ作成
検索選択
フランスアルザス2008年8月(家族旅行) ブログトップ

コルマール COLMAR [フランスアルザス2008年8月(家族旅行)]

スイス・グリンデルワルトを後にしたrino家族は、もう少し、旅を続けます。

3泊4日の弾丸ツアー、3日目の宿はフランス、アルザス地方の街、コルマールにしました。
デュッセルドルフへの帰路をフランス側に入った道をたどることにより
アルザス地方、シュトラスブールなどを経由できます。

コルマール Colmar




ドイツやスイスとの国境に近い街、フランスのコルマール


アルザスワイン街道の中間に位置していて、小さいながらもワイン産業の拠点として
賑わいのある街です。

そして、アルザス地方には珍しく、戦争の被害をほとんど受けていないため、16世紀の
美しい街並みが今も残されています。

私達夫婦は昨年の夏に初めてこの地方を訪れて、のどかな葡萄畑と、色とりどりの木組みの
アルザス風家屋が建ち並ぶ古い街並みがとても気に入り、ぜひ、子供達も連れて来たいなと
思っていました。


旧市街はサン・マルタン教会を中心にその周りに雰囲気のよいレストランやホテルやお店が
集まっています。
私達の泊まった小さなホテルもこの教会近くの広場に面していて、限られた短い時間しかない
私達にはちょうど散策に良い場所でした。


泊まったホテルの看板「HOTEL SAINT-MARTIN」
a011.jpg

旧市街の中心、サン・マルタン教会は、14世紀末に完成したゴシック様式。1本だけ完成した鐘塔が目をひきます。
s000.jpg

サン・マルタン教会の周りは広場になっていて、たくさんのカフェが軒を連ねています。
私達もまず、この広場でコーヒー休憩。そして、今日の運転が終わった夫はもちろんビールで・・
おつかれさま~~
s001.jpg

到着は夕方でしたが、まだ日が高いので小さい街はまだ十分散策できます。
s002.jpg

街にはお花がいっぱい飾られていて、散策は楽しい・・
s005.jpg

s006.jpg

看板や・・
s007.jpg

お店の2階の窓・・
s008.jpg

コウノトリがかわいい・・
f000.jpg

教会の柱や壁や・・・
s009.jpg

木組みの家並み・・
s010.jpg

うわぁ・・可愛い食器。。
s011.jpg

この地方のコウノトリや大好きなお花柄の耐熱食器・・
s012.jpg



旧市街の中でもこの辺りは「プティット・ヴニース」と呼ばれる小さな運河沿いの可愛らしい家並み・・
a000.jpg

運河を眺められるレストランも・・
a002.jpg

お食事、楽しんでいらっしゃいますね~
a001.jpg

どこを撮っても絵になるなぁ・・・
a004.jpg

我々も広場へもどってきて、夕食を・・・
庶民的なワインバーやブラッスリーもあり、気軽に食事を楽しめる雰囲気です。
r000.jpg

アルザス地方の名物料理「シュークルート」、そして、もちろんワイン!・・いただきました。
食事の写真がなくてごめんなさいね。ほんと苦手で・・。
ブロガーとしては・・ダメですね。。。

ゆっくり食事を楽しみ、ホテルへの帰り(・・と言っても1,2分ですが・・)はこんなに暗くなってました・・。

a005.jpg




翌日は、朝一で娘とお土産屋さんを覗いたり、フランスのスーパーMONOPRIXで
チョコやクッキーを買い込みました。

そして、ワイン街道の別の村を訪ねます・・・。






nice!(33)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

エギスハイム Eguisheim [フランスアルザス2008年8月(家族旅行)]

こんな風に窓辺に花があるってなんて幸せなんだろう・・・

a013.jpg

ひとつひとつの窓に歴史があり、人生があり、人々の営みがある・・・

a012.jpg

きっとどの窓にも幸せな時ばかりではないと思うけど・・

a004.jpg

それでも、花を見ている時ってそんな気持ちも慰められるでしょうね・・。

a000.jpg

窓辺の花は・・下を歩いている人にもそんな気持ちにさせられます・・。

c000.jpg


アルザスワイン街道の小さな村、エギスハイムフランス花の村としても
認定されていて、数年前にはグランプリにも輝いた村だとか・・。
k003.jpg

ワイン畑に囲まれた、花が溢れた小さな村・・
k004.jpg

アルザス地方の衣装、ワイン、パン、葡萄、コウノトリ・・そしてやっぱり窓辺の花・・
k000.jpg

小さなホテルレストラン、こんな所にも泊まってみたいですね・・
k001.jpg

葡萄の模様、葡萄の飾り・・
私、葡萄の柄が大好きで、この日の朝、コルマールのお土産屋さんでひとつ5ユーロの
葡萄柄のワイングラスを買いました。
k002.jpg

ワイン屋さんもいっぱい・・・
k005.jpg

建物の入り口もこんな置物と明るい色のお花でお出迎え・・
k006.jpg

楽しいレストランの看板・・・美味しい、アルザス地方のお料理やクグロフやワインにつられそう・・・
k007.jpg

エギスハイムの街の入り口近く、教会前・・
一番向こうの塔になっている建物のトンガリ屋根のてっぺんに・・・・・
a006.jpg

あれ!ホンモノがいる・・?
b002.jpg

おもいっきりズームすると・・・  あっ!いる! ちゃんと二羽、コウノトリ在宅中。
s001.jpg

さぁ、お土産屋さんには長居できず、、そろそろ次へと移動。
弾丸ツアーはお土産屋さんに寄る時間があまり持てないのが難点です・・。
a008.jpg

あれ・・!?  買った人がいる・・!!
v.jpg

そう言えば・・小さい時、ぬいぐるみ大好きだったもんねぇ・・・

次も花いっぱいの村をご紹介します・・[かわいい]

nice!(32)  コメント(25) 
共通テーマ:旅行

リクヴィール Riquewihr [フランスアルザス2008年8月(家族旅行)]

フランス、アルザス地方はワインの産地。
葡萄畑の合間をぬって、小さいワイン生産の村が点在する。
そのワイン街道の中でもこのリクヴィールは、小さいながらも、観光客で賑わいをみせています。
1年前の夏にも数ある村の中で、このリクヴィールをふらっと訪問・・・
昨年はもう少し時間があったのでゆっくりワイン屋さんを覗いたり、買ったり。(その時の小さな記事は[次項有]こちら
その頃の旅行をきっかけに、私はブログを始めたのでした・・・


さて、もう一度、今度は家族4人で訪れることができたリクヴィール。
村の入り口には駐車場があります。駐車場のまわりも葡萄畑。
葡萄も葡萄の葉っぱもかわいいですね。
ここの葡萄はどんな味かな~
s000.jpg

この村もまるで中世のおとぎの国へ舞い込んで着たようです・・
a011.jpg

この時計台(かな?)がこの村のシンボルになっていますね。
a014.jpg
a018.jpg


やっぱりどの窓辺にも花が飾られています・・
a013.jpg

a015.jpg

a017.jpg

a020.jpg

メイン通りは、こんな風に坂になっていて、ホテルはレストラン、ワイン屋さん、お菓子屋さん、
そして、石畳の上でお茶もできます。路地にはいれば、たくさんのワイン屋さんがいっぱいあります。
b002.jpg

まだお昼には少し早いのでお食事している人は少ないですね・・
t001.jpg

やっぱりワイン・・ですよね。
t002.jpg


b003.jpg


t003.jpg

我々もブレイクタイム♪ 夫と私はコーヒー、娘は紅茶、息子はなぜかいつもコーラ・・
o000.jpg

そして、また窓を見上げながら散歩。
t004.jpg

窓の扉に描かれた手書き風の木のプレートが素敵・・
t005.jpg

魔法使いのお婆さんは目を惹きました・・
t006.jpg

古そうな壁だけど、なんだか味わいがあります・・
t010.jpg


看板もすごくかわいいから上ばっかり見上げてる・・
a000.jpg

葡萄の収穫が楽しそうな看板・・
a012.jpg

焼きたてのクグロフを売っているお店。私も一つ買いましたよ・・
a016.jpg 


ほら、村の外はこんな風に、葡萄畑・・
t007.jpg




t000.jpg

b001.jpg


リクヴィールでお茶休憩をした後、シュトラスブールにちょっと立ち寄り、
その後は一気にデュッセルドルフへ車を飛ばしました。
デュッセルドルフの自宅に到着したのは、夜8時ごろだったのではないでしょうか。


2008年8月下旬の家族旅行はドイツデュッセルドルフ→
スイスグリンデルワルト(2泊)~フランスアルザス(1泊)→
→デュッセルドルフ・・と3泊4日のまるで弾丸ツアーでした。
この翌日、もう一日デュッセルドルフに滞在したので、近郊を訪ね、
その翌日には私と娘、息子の3人で帰国しました。

もうこれは8月下旬のお話。もう2ヶ月以上もたってしまいました・・

我家はデュッセルドルフ以前にも単身があり通算でもうここ何年も・・夫の仕事のため普段家族が揃わない生活ですが、それをプラスにする一つとして今回は何年ぶりかに海外で家族集合し、そこから懐かしのスイスへ車を飛ばしました。

もっと長い時間、長い期間ずっとこのように家族そろって過ごせたら・・と一番願っていたのは
きっと母である私ではないでしょうか。
今回のデュッセルドルフへ赴任前、子供達が父親と離れている時間がとてもとても長くなってしまうため、それが気がかりでいる夫に大丈夫任せてと送り出した私でしたが、気がつくと、最近になってあわててこんなことを願っている自分がありました。

数年前まではまだまだ先のことと、あまり考えてみたこともなかったことだけれど、
子供達の成長ってとても早くて、親離れをしようとしている時期がせまっていると感じたからこそ、
皆の予定を合わせて、今年の夏の家族旅行をぜひ実現したかったのです。

いつか将来、それぞれが別々に進んでいく途中でいつでも
家族共有の旅の思い出を、懐かしく、温かく、心の中に抱いておいてほしいなぁ・・・
・・って、そう願っています。。。


nice!(29)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
フランスアルザス2008年8月(家族旅行) ブログトップ
メッセージを送る