So-net無料ブログ作成
検索選択
ドイツ思い出の街角 ブログトップ

リンツ  ライン川沿いの街 [ドイツ思い出の街角]

2010年3月中旬[曇り]

石畳の緩やかな上り坂をゆっくりと上がっていく。3月中旬のドイツはまだまだ冬空でどんよりと暗かったな。
  a2.jpg

リンツLinzというとオーストリアの第3の都市リンツが有名・・そしてスイスのチョコレートのリンツLindtが思い浮かぶけれど、ここは日本人観光客にはあまり馴染みのないドイツのライン川沿いの小さな街、リンツ アムライン(Linz am Rhein)。メイン通りもこの1本だけ。日曜日だから閉まっているお店がほとんどで、ゆっくりとお散歩する人だけ。

このリンツの街も古い家並みが残されている。季節も良くなれば観光客も来るでしょうから、家は大切に保存されて、このお店は窓辺に綺麗に花が飾られていた。
  a8.jpg

4~5分もゆっくり上っていくと、マルクト広場。ここはかわいいカフェが何軒も開いていたけど、やっぱりこの頃は寒くて外でお茶する人はいなかったわね。この日はアイスも寒くて・・・。
  a3.jpg


ちょっと変わったミントティー色の家。葉っぱのない木々も今ごろは綺麗な緑色で茂っていることでしょう。
  a4.jpg


マルクト広場の先を一回りすると街はもうおしまい。
a9.jpg


引き返してきて石畳の坂の途中にあった一番可愛らしいカフェでお茶タイム。お店に入ったのは確か3時半を過ぎてもう4時近かったかも。この日は車でライン上り、下りのドライブをして最後に寄った街がこのリンツだった。私は最後にドイツらしいお菓子を食べたいと思っていたのでこのアップフェルシュトゥーデルとミルクコーヒーを。そして甘いものが苦手な夫はコーヒーのみ注文。 
このお菓子はアツアツのアップルと冷たいアイスが程よい温度に調節してくれた。このお店も、ケーキにグサっとフォークをさして持ってくるサーブの仕方だった~ 
  a5.jpg


カフェで休憩したあとは、街の入り口まで戻ってきて、写真右手の城壁跡をくぐってライン川へ出る。
  a7.jpg


ちょうど街の出入り口前には渡し船。ライン川もどんより・・。これでしばらくライン川を見納めの日。そう、この日は私が日本へ帰る前日だったんだわ。
さぁ、我々も、帰路につかないと!ここからデュッセルドルフの自宅まで車で1時間半ぐらい。
  a6.jpg


季節はもうすぐ春っていう頃だったね・・。

  a10.jpg

リンツ



nice!(24)  コメント(12) 
共通テーマ:旅行

コッヘム Cochem モーゼル川沿いの街 [ドイツ思い出の街角]

2009年6月初旬のお話[曇り]



モーゼル川はライン河最大の支流。フランス東北部のボージュ山地に源を発し、ナンシー、メスなどを北へ流れる。ルクセンブルク、ドイツ国境を流れたのち、ドイツのコブレンツでライン川に合流。
  a1.jpg

ドイツではトリアーTrier からコブレンツKoblenz まで
葡萄畑やその丘に立つ古城、点々と現れる小さな街・・その中を静かに流れる川。
  a2.jpg

この日、デュッセルドルフからの日帰りドライブ。
  a4.jpg

モーゼル川クルーズの観光船も行ったりきたりする。
コッヘムからトラーベン・トラールバッハまで小さな街を停まりながら5時間近くかかるのね~。車だったら30分くらいなのに。
  a6.jpg

停まっていた観光用の船の中。ここでお茶ができるのね。
  a7.jpg

車を停めて立ち寄った街はコッヘム Cochem。 数ある小さなモーゼル川沿いの街の中ではこれでも比べれば大きい街。 山の上に古い立派なお城が目を引く。
  a5.jpg

コッヘムは葡萄畑に囲まれた小さな街なのだけど、街の南側にある小高い丘の上に立つライヒスブルグ城(コッヘム城)に象徴される。
  a8.jpg

川沿いからコッヘムの旧市街へ入っていくと・・
  a9.jpg

かわいい木組みの家並み♪ やはりここはモーゼル観光のひとつの拠点となっているよう。
ドイツらしい家並み、川、お城、そしてレストランもあって・・ちょっと観光するにはちょうどいい街かもしれない。
  a10.jpg

観光客もけっこういたわね・・。
  c1.jpg

モーゼルワインの里だから、ワイン屋さんがいっぱい。
  a11.jpg

  a12.jpg

小さな路地にもお土産物屋さん。
  a14.jpg

お城へ続く上りの路地を上がっていく。その両側にもワイン屋さん。
  a15.jpg

さっき、河畔から丘の上に見えていたライヒスベルグ城(コッヘム城)が見えてきた。
  a16.jpg

11世紀に築城されたお城だけど、1689年にフランス軍により破壊されて、現在のこの後期ゴシック様式の城は19世紀に復元されたそう。
  a18.jpg

こんな大砲がモーゼル川を見下ろしている。 
 a19.jpg a20.jpg

その昔、ここでも戦いの歴史があったんだな~と、この静かなモーゼルの流れを見ていると不思議な気がした。
  a22.jpg

周りは一面、葡萄畑。確かに、ドイツを代表するモーゼルワインの故郷だわ。
  a23.jpg

この日はあいにく曇り空でどんより・・・
くねくねと、今も昔も川は山間を流れている。
a21.jpg


モーゼル川周辺を旅するのは実に23年ぶりだった。

こんな瞬間、、、

母なる大河、ライン河とはまた一味違う穏やかな流れを見つめながら、同時に時の流れも感じつつ、変わらない光景との再会に、またドイツに来れる喜びでいっぱいだった気がする。
丘の上から見るモーゼル川はとっても綺麗だった~。
  a17.jpg




ドイツ コッヘムCochem



nice!(27)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行

エルツ城 思い出の確認をしに・・。 [ドイツ思い出の街角]

昔の記憶って時に鮮明だったり曖昧だったりする。ちゃんとした記録を残していなかったから、20年以上もたつと曖昧なことはかなり多い。たくさんの小さな街も旅をしてきたから、その曖昧さはなおさら・・。

あの街を訪れた後、どこへ行ったんだっけ?ホテルはどんな部屋だった?食事はどうしたっけ?なんてことは、我々夫婦の会話にしばしば登場する。そして面白いことに、記憶の鮮明さはそれぞれ違うシーンだったりすることもあるのでお互いの記憶の埋め合わせができたりね・・。


今から24年前、夫の最初の駐在地だったベルリンに滞在中、ドイツ国内あちこちを巡るドライブ旅行をした。
モーゼル川沿いをトリアーまで行き、引きかえして、モーゼル川沿いの美しい木組みの街ベルンカステルに泊まった翌日の朝、山と森の渓谷の中にひっそりとたたずむ美しいを訪れた。
そのお城は当時の西ドイツ通貨500マルク札の裏に印刷されていたエルツ城。ノイシュバンシュタイン城、ホーエンツォレルン城と共にドイツ3大美城の一つと言われているんですって。

モーゼル川から車で山に入っていく。私の記憶では20分くらいだったと思うが広い駐車場があらわれて、そこに車を停めて歩いていった。
観光客は誰も居ない。朝霧の中、私たちだけの目の前にその深々と生い茂る緑の中におとぎ話に出てくるようなお城が現れたのだった。


・・・・と私は24年前のその時のことを記憶している。



しかし、一緒だった夫はその24年前のことをすっかり忘れていたらしく、「エルツ城って行ったっけ??」なんて昨年(2009年)、そんなことを聞いてきたのだ。


ここからは昨年2009年6月7日のお話。

デュッセルドルフからモーゼル川方面へ日帰りドライブ旅行に行った時のこと。モーゼル川沿いのコッヘムの街(前回記事)に立ち寄った後、「昔行ったはずのエルツ城に行こう。」ということになった。いえ、行ったはず・・ではなく、確かに行ったことのある場所なのだ。

24年前はス~っと駐車場まで行けたのだったが、”Burg Eltz”案内板をたよりに今回はずいぶん時間がかかってしまった。
エルツ城へは山に入った道の違いでいろいろな行き方があったようだ。
  1d.jpg

モーゼル川から車を走らせること約1時間・・・、緑深い山奥の城にやっと到着~。

それがこの写真。6月初旬のこの日はお天気が悪くて、肌寒かったな。

  1c.jpg

ズームしてみると、観光客がいるのわかりますね。お城の内部ガイドツアーもあるようです。
でも、私たちはここから眺めるだけ。だって、ここは深い谷になっていてお城に行くのに、ずいぶん徒歩で降りていかなくちゃならないんですもの・・。・・・ということは、帰りはこの山を上ってこなくちゃならないしね。
  1b.jpg

見ている所には、こんな十字架があった。昔来たときはこれはなかったような・・・・う~ん、忘れているのかもしれない・・。
  1f.jpg

ちょっと目を横に移すと、こんな廃墟のようなものもあった。昔の見張台だったのかな~なんて考えたり。
  1e.jpg



エルツ城はモーゼル川の支流、エルツバッハ川沿いの山中に位置する。12世紀の建造以来、一度も陥落したことがなく、500年以上もの年月をかけて建設された姿は完成後500年、そのままの姿を留めているんだそう。
岩山の上に複雑に入り組んでそびえ建ち、切り妻屋根の建物、張り出し窓、塔などから成る城は、ドイツで最も美しい城砦の一つなんですって。エルツ家の家系は800年以上も途絶えることなく続いていて、現在の城主は33代目だとか。

まるで昔読んだおとぎ話の中に出てくるように、美しい・・
  1a.jpg




これが24年前に訪れた時に撮ったお城の写真。 あるんですよ~
1986年7月25日撮影
  Eltz.jpg

800年以上もの歴史を積み重ねてきたお城。

我々は24年ぶりの再訪。

いろいろとあった24年だけど、このお城の歴史からすればわずかな年月・・。

当たり前だけど、、
やっぱり変わらないね・・と確認。


ドイツ エルツ城



nice!(32)  コメント(13) 
共通テーマ:旅行
ドイツ思い出の街角 ブログトップ
メッセージを送る